« 37 真の友人 | トップページ | 39 色はどうする »

38 YUKIとストレートレイザー 

 好きな事をして、楽に大金が稼げる。

 本当に自分はラッキーだとYUKIは思っている。
 YUKIはプロの殺し屋だ。

 1年に一度仕事をこなせば、好きなだけ贅沢ができる。
 殺人の報酬は莫大だ。

 あるきっかけで初めて殺人の依頼を受けた時、報酬は500万円と言われた。

 その当時YUKIは、コンビニで時給800円のバイトをしていた。計算してみると、500万円はコンビニのバイト料6250時間分になる。

 1日8時間働いたとしても約800日、休日を考えると3年分の給料に当たる。

 YUKIは即座にバイト先のコンビニへ行った。
 店長がレジに立ち、客用の脂ぎった愛想笑いを浮かべていた。

 YUKIの身体を露骨に眺めたり、うっかりしたように装って、尻などに触れたりしてくるときには、変態じみた笑顔になる。

 YUKIはずかずかと歩み寄り、コンビニの制服を店長の顔面に投げつけた。
「わたし今日で辞めるから。アンタみたいな変態野郎の店で、これ以上1分だって働きたくない」

 店長はおどおどとしながらも、上目使いでYUKIの様子を窺っていた。
「でも、ほら、ローテーションがあるでしょ。急に言われてもねえ……給料の計算だって……」

「給料なんていらないから。エロオヤジ!」

 客たちが呆然として眺めていた。

 新しい人生。
 本当の人生が始まるような気がした。

 仕事を引き受けることを、すぐに依頼者に連絡した。

 準備に1週間位はかけただろう。
 殺人そのものには数分しかかからなかった。

 人間を殺すことには、なんのためらいも無かった。
 終わった後は大金を手にした喜びだけがあった。

 人間を殺すことは、実は簡単な仕事だ。

 何年か前にテレビで、マグロの一本釣り漁師のドキュメンタリーを見たことがある。
 200キロ以上の大物が掛った時は、まさにマグロと人間の命懸けの勝負になる。

 どちらかの体力、気力が尽き果てるまでの壮絶な戦いだ。

 マグロは簡単には死なない。
 人間は簡単に死ぬ。

 しかも警戒心が無いから、隙だらけだ。
 YUKIは今までに5人の男女を殺したが、抵抗されたこともない。要は殺害する場所の選択と、タイミングだと思っている。

 目撃されない。声を上げさせない。遺留品を残さない。
 それだけは心がけている。

 見知らぬ人間から依頼されて、見知らぬ人間を殺すのだ。
 被害者とYUKIの接点はない。

 依頼者とYUKIの接点も追跡するのは不可能だろう。

 依頼者との連絡は、いわゆる{飛ばしのケータイ}を使う。
{飛ばしのケータイ}とは、架空名義で購入したプリペイド式のケータイのことだ。
 犯罪常習者の必須アイテムだが、ネットで簡単に手に入る。

 三上の依頼で集めた40人のテロ実行グループにも、それぞれ1台ずつ渡してある。

 金のやり取りは、ネットバンクの架空口座を使っている。
 こちらもネットで手に入る。
 通帳、印鑑、キャッシュカードがセットで数万円だ。

 捜査能力を喪失した今の警察では、YUKIにたどり着く恐れはまったくない。

 YUKIは三上から須賀殺害を依頼された。
 正確にいえば、YUKIには手配だけを依頼してきた。

 おいしい仕事だから、YUKIは自分でやりたかった。
 須賀は有名なヤクザらしいが、今はただのボケ老人だ。
 ヤクザ達に護衛されると厄介だが、須賀の意向なのか、それもない。周りにいるのは、唖然とするほど馬鹿げた連中だ。

 しかし本番を目前にして、現場リーダーのYUKIが動くことを三上がどうしても嫌がった。
 手配するだけでも、オプション料としてYUKIに一千万払う。
 三上があっさりとそう言った時にはさすがに驚いた。

 実行グループにも一人当たり一千万。
 三上は陰気な声の印象とは違い、桁外れに気前のいいクライアントだった。

 確実な仕事をするためにYUKIが選んだのは、ドラッグや武器の密売をしているイラン人グループだった。

 ボスはシェイダという名前の、険しい眼をした精悍な男だ。

 イラン人グループが多数ある中で、シェイダのグループには際立った特徴があった。

 他のイラン人プッシャー(ドラッグ密売人)たちは、ジャンキー特有のだらしなさがあったり、腐敗臭のようなものを漂わせたりしている。 

 シェイダのグループにはそれが無かった。
 誰もが健康そうで、誠実なビジネスマンのような雰囲気を持って仕事をしている。

 違法でも、取引は取引だから約束は守る。
 日本の異教徒共が麻薬に溺れるのは構わないが、身内で麻薬に手を出す者はシェイダが処刑する。

 渋谷界隈で最大の組織だが、シェイダの統制が行き届いている。
 シェイダ自身が軍人だった関係か、部下にも軍隊出身者が多い。

 電話でYUKIの話を聞いたシェイダは、報酬金額を聞いて即座に了承した。

 ビザの関係で近々イランに帰国する予定の者たちの中から、4人を選んだ。
 全員が軍隊出身で実戦経験もある。

 武器はシェイダの方で準備する。

 襲撃計画は、YUKIが須賀の行動を監視しながらGOサインを出す。

 今晩から4人は、新宿のビジネスホテルに24時間体制で待機する。YUKIの指示に即応するためだ。
 あっという間に段取りができた。

 シェイダは電話の最後にこう言った。
「クライアントに伝えてくれ。武器の料金と、ホテル代などの経費はサービスする。ただし明日中に入金が確認できなかったら、この話はキャンセルだ。YUKIの人生もそこで終わりだ。金額は5人分で五千万、間違えるなよ」

「ちょっと、4人でしょ。四千万じゃないの?」

 シェイダの乾いた笑い声が聞こえてきた。
「俺はタダ働きはしない。お前も同じだろう?」

 抜け目のない奴だ。確かに私と同じだと思った。

 サラマンダーが営業を再開したことを、YUKIは会員宛てのメールで知った。

 早速サラマンダーに行って、お気に入りのブースに陣取った。

 パソコンから三上に、須賀殺害準備完了のメールを送った。
 送金先口座名と、明日中に入金しないと自分が殺されることも書いた。

 送信したあと、YUKIは大きな溜息をついた。
 もう一通メールを送らなければならない。
 厄介な相手だった。
 YUKIが世界で一番嫌いな男。
 YUKIが世界で一番必要な男。

 しばらく考えてYUKIはメールを書いた。


{To ストレートレイザー様

 私の仕事が終わるまで、勝手な理由で人殺しをしないで下さい。
 私に不満があって、それに対する当てつけでしているのなら、ちゃんと説明してください。
 貴方が何を考えているのか、残念ですけど私には理解できません。
 貴方は私のことは全て知っているんでしょう?
 もっと話し合うべきだと思います。 
                         YUKI}

つづく

|

« 37 真の友人 | トップページ | 39 色はどうする »

コメント

凄いです。
上村先生。
新たな展開に、
ぐいぐい引き込まれました。
感嘆しています。

投稿: ドスコイ | 2008年3月 1日 (土) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 37 真の友人 | トップページ | 39 色はどうする »