« 35 最重要会議 | トップページ | 37 真の友人 »

36 誕生

「我々はセイギの戦隊ですじゃ。それならば、それにふさわしい戦隊名を持つべきだと希君は言っておりますのじゃ」

 伊能は慌てて須賀の言葉を遮った。

「ちょ、ちょっと待って下さいよ。それってナントカレンジャーとかナントカライダーみたいなやつですか?希君は子供だからいいけど、俺たちいいオッサンですよ。そんなの表で裸踊りするより恥ずかしいですよ。ねえ……」

 同意を求めて土岐の顔を見た。
 土岐は伊能を見ていなかった。
 煙草をくわえニヒルな表情のまま、涙を滝のように流していた。

「と、土岐さん?」
「いいじゃねえか。希君の気に入るようなかっこいい戦隊名を考えようぜ」
 土岐の答えに、万全と二宮も嬉しそうな顔をしている。

「マジかよ……」
 伊能が黙り込んだのを見て、須賀が全員に紙を配った。

「そこに皆さんの考えた戦隊名を書いてくだされ。その中から選びましょう」

 伊能は目の前に配られた紙を見つめてしばらく放心した。
 皆熱心に何かを書いたり、考え込んだりしている。
 須賀まで目をつぶって腕を組み考え込んでいる。

 伊能は仕方なく、乱暴にいい加減な事を書きなぐった。
 ペンを置いた伊能に続いて、一人、また一人とペンを置いた。

 なぜか書き終わった全員が紙を裏返しにしている。
 全員が書き終わった様子を見て、須賀が紙を集めホワイトボードに書き写し始めた。


 みらくる戦隊 ぽよよんじゃー

「万全だ」「やっぱり変態だ」の声に、万全が真っ赤になってうつむいた。

 東京防衛戦隊 守るんじゃー
 大東亜絶対防衛連合須賀一家

「須賀さんだよ」「爺さん、しょうがねえな」の声に、須賀は聞こえないような顔をしていた。

 透明戦隊 キエルンジャー

「二宮だ」「消えるのはお前だけじゃねえか」
 二宮は消え去った。

 希君と東京を守る会 愛ナンジャー

「誰?」「まさか土岐さん?」
 土岐は無表情に煙草をふかしていた。

 脱毛戦隊 ヌケルンジャー 

「い、伊能さん!」
 万全が顔を怒りで赤くして飛び上がった。

 須賀は素知らぬ顔で最後の一つを書いた。

 伊能戦隊 サラマンダー

「伊能さんがリーダーなんですか」
 ぶつぶつ言う万全を土岐が手振りで黙らせた。

「ここは希君に決めてもらおう」
 須賀はしばらく黙りこんだ。
 希との会話を終えた須賀が、赤いマジックを握って立ち上がった。

「皆さんと出会ったサラマンダー。事件の始まりでもあるサラマンダーの名前を、希君は気に入ったそうです。伊能さんの考えた戦隊名を漢字だけ変えたらどうでしょう?」

 須賀が赤いマジックで書きなおした。

 異能戦隊 サラマンダー

「これがわしらの戦隊名ですじゃ。いかがかな?」

 土岐が猛烈な勢いで拍手するのに続いて、まばらに拍手が続いた。
 二宮も再び姿を現した。

 皆が照れくさそうな、それでいて嬉しそうな顔をしていた。
 
 
つづく

|

« 35 最重要会議 | トップページ | 37 真の友人 »

コメント

とうとう、戦隊の名前が決まりましたね。
異能戦隊 サラマンダー。
良い名前と思います。

投稿: ドスコイ | 2008年2月23日 (土) 05時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35 最重要会議 | トップページ | 37 真の友人 »