« 39 色はどうする | トップページ | 41 潜行 »

40 襲撃――そして死

 翌日、朝食を終えてそれぞれが外出の準備をしているときに、須賀の若い衆が強張った顔で須賀に何か耳打ちした。

「持ってこい」
 須賀の顔がひどい苦痛を感じているように歪んだ。

 若い衆が捧げるように持ってきた盆の上には、金色に光るバッジと小さなガラスの瓶が置かれていた。

 何気なく瓶を覗き込んだ万全が悲鳴を上げた。
「ゆ、ゆ、指いいいい!」

 須賀は沈痛な面持ちで小さな瓶から眼を背けた。
「伊吹……馬鹿な奴だ……」

 それからしばらくの間、須賀は縁側に座り込んでじっと庭を眺め続けた。
 誰も声をかけられない雰囲気だった。

 伊能と万全はサラマンダーに、二宮はタケトの所に、そっと出かけて行った。

 土岐が須賀の横に座った。
「伊吹さん……勘弁してやれないの?」

 須賀は悲しげに首を振った。
「伊吹はわしの子供ですじゃ。子供の中でも最も出来が悪い……真っ直ぐな気性だけが取り柄の、わしにそっくりな不細工なやくざ者でした。これで良かったとわしは思っとります。やくざを続けていたら、あいつはいつか……わしの為に命を落とす……」

 庭の一角に咲き乱れる花を、須賀が見ていることに土岐は気がついた。
「随分いろんな花が咲いていますね」

 須賀がかすかに微笑んだ。
「わしが花を好きじゃといったら、伊吹の奴が手当たり次第に花を植えたんです。若い者も使わずに、全部自分でね。さあ、希君もお待ちかねじゃ。わしらも出かけましょうか」


 この朝、新宿のビジネスホテルで待機していたシェイダの襲撃チームにYUKIからのメールが入った。

{襲撃場所 帝都大学病院門から病院入口に続くけやき並木。
 襲撃時間 午前10時から11時。
襲撃対象 須賀常太郎及び同行者(おそらく1名)
添付ファイル 須賀常太郎の写真}

 襲撃チームの4人はそれぞれが使い慣れた拳銃を用意していた。
 射撃の腕は4人とも軍で鍛えられている。

 須賀がヤクザの親分なので、ヤクザ同士の抗争に見せかけるつもりであった。


 帝都大学は広大な敷地の中に4か所の門があった。

 病院利用者は、病院門から入り50メートルほど続くけやき並木を通って病院に行く。
 並木道にはまばらにベンチが置かれていた。

 襲撃チームは二手に分かれ、門に近いベンチに二人、病院に近いベンチに二人が陣取った。
 須賀が両者の間に入ったとき、挟み撃ちできる必殺の陣形だった。


 須賀と一緒にけやき並木に入ったとき、土岐の鼻が何か異臭を感じた。

 辺りを見回すと、ベンチにホームレスらしき男がいた。
 あまりにも薄汚れたその風体に、匂いの元はそれかと思った。

 足がよろけがちな須賀を支えるように歩いていると、激烈な悪臭が前後から迫ってきた。

 考える間もなかった。
 とっさに土岐は須賀の身体を抱えて横に飛んだ。
 前後からパンパンパンと乾いた銃声が響いた。

 ――土岐の異能が発動した。

 極限まで時間の体感速度が遅くなった土岐の目に入ってきたもの。

 前方にいる二人の男。

 それぞれの拳銃から発射された金色に光る4発の銃弾。

 2発はゆっくりと回転しながら須賀の頭部へ。

 2発は須賀の胸部へ真っすぐに飛んでくる。

 振り返るとそこにも二人の男。
 やはり飛んでくる4発の銃弾。

 2発は須賀の胸部へ。
 2発は土岐の頭部へ。

 銃弾の軌道を見極め、須賀と自分の位置を動かす。
 肉体の限界を超えた動きに激しい苦痛を覚える。

 ゆっくりと全ての銃弾がかすめ通って行く。

 襲撃者の顔が驚きにゆがみ、再び銃口を向けてくる。

 ホームレスの男が、須賀に飛びかかってくる。

 再び放たれた4発の銃弾がホームレスの身体に突き刺さる。

 喚き声が聞こえてくる。

 須賀と土岐を送ってきた若い衆が、襲撃者に拳銃を乱射している。
 襲撃者たちが一斉に逃げだす。

――時間が普通の速度に戻った。

「大丈夫ですか?」
 土岐の問いかけに、須賀は答えなかった。

 ホームレスの血まみれの身体を抱きかかえて嗚咽していた。
「伊吹!伊吹!」

 ホームレスの力なく垂れ下った左手の小指には、そこだけ真新しい包帯が巻かれていた。

|

« 39 色はどうする | トップページ | 41 潜行 »

コメント

これは意外でした。
ホームレスが伊吹だったとは。
凄い急展開に驚いています。

投稿: ドスコイ | 2008年3月 7日 (金) 19時43分

上村先生こんにちはnote
 
今回も  さすがsign01上村先生sign03 
色んなサプライズpresentが隠されてますflair
伊吹と須賀老人の親子愛・・ちょっと泣けますsweat02
早く次が読みたいですwink

投稿: Honey | 2008年3月 8日 (土) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 39 色はどうする | トップページ | 41 潜行 »