« 53 バイタルサイン(生命徴候) | トップページ | 55 五里霧中そして四面楚歌(2) »

54 五里霧中そして四面楚歌

 ひどく消耗した感じの須賀を、伊能と土岐が両脇から支えて車から降りた。

「万全、おまえは女を連れてくるのに付き添ってくれ。俺たちは先に部屋に行ってる。須賀さんは早く横にしたほうがよさそうだからな」

 伊能の言葉に万全は少し不満げな表情で肯いた。
 おそらくレッドと呼ばないことが不満なのだろう。

「わしは大丈夫……」
 そう言う須賀は一気に年老いたように見えた。

 伊能と土岐は思わず顔を見合わせた。
 そして二人で須賀を抱え、部屋に向かった。

 須賀の部下たちが拳銃を引き抜き、YUKIを入れた車のトランクに集まるのが見えた。

 部屋に入り、嫌がる須賀をなだめて布団に横たえた。

 乱暴にドアが開かれ、髪を振り乱した万全が飛び込んできた。
 小さな目が極限まで大きく見開いている。
「き、消えた!あの化け物女が消えちゃった!」

 伊能が万全の腕を力一杯握り締めた。
「どういうことだ?ちゃんと説明しろ!」

「わかんないよ! 開けたらいなかったんだ! トランクは内側から開かないのに……今みんなが探してるけど……やっぱりあいつはお化けなんだよ!」

 3人の男たちが入ってきた。
 全員がひどく緊張した顔つきになっている。
 それぞれの手にはしっかりと拳銃が握られていた。

「女が消えました。自分らは護衛のため戻ってきましたが、ほかのものが今探しています」

「内側からこじ開けたような形跡はないんですか?」

 伊能に男たちの一人が首を振った。
「全くありません。そんなこと絶対に不可能な作りなんです。車自体特注品ですし、まあこういう使い方もあるということは想定してますから」

「ちょっと俺に見せてくれないか?」

 土岐の言葉に男が訝しげな顔をした。
「見るって、トランクですか?」

「ああ、頼みますよ」

 男たちが顔を見合わせていると、須賀がよろめきながら起きてきて一喝した。
「言われたとおり土岐さんをお連れせんかい!」

 慌てて男たちの一人が土岐を連れて外に出て行った。

 須賀はぐったりとソファに座り込んだ。
「あの女に逃げられると、わしらも打つ手がありませんな……」

「……そうですね。しかしいったいどういうことなんだろう?」
 伊能も頭をがりがりと掻きむしった。

「希君にも、もう無理はさせられません。いま、休んでおりますが……限界だと思います」

 万全もしょんぼりと座っていた。
 小さな体をますます小さくして、迷子の子供のように不安そうな目をしていた。

 土岐が戻ってきた。
 険しい顔をしている。

「土岐さん、どうでした?」

 土岐は煙草をくわえて火をつけ、大きく吸うと、すぐに乱暴に灰皿で押しつぶした。
「感情の匂いがわずかに残っていた」

「どんな?」
 伊能を見る土岐の表情が僅かに歪んだ。

「二宮の匂いに似ていた」

「二宮! なぜ? どういうことだ!」
「そんな馬鹿な!」

 土岐は再び落ち着かない様子で煙草を取り出して唇にくわえた。
「二宮独特の感情の匂いと似ていた……ただ……」

「ただ?」

「俺はこれほど切ない、哀しみの感情を今までに嗅いだことがない」

|

« 53 バイタルサイン(生命徴候) | トップページ | 55 五里霧中そして四面楚歌(2) »

コメント

YUKIはテレポーテーション能力も
持っているのでしょうか?
仮にテレポーテーション能力を
持っていれば、無敵ですね。

投稿: ドスコイ | 2008年5月 1日 (木) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 53 バイタルサイン(生命徴候) | トップページ | 55 五里霧中そして四面楚歌(2) »