« 68 前夜 | トップページ | 70 出撃 »

69 兆し

 その日の朝、YUKIは空を見上げ、やけに多くのカラスを目にして思わず微笑んだ。

 手配は完璧に終えている。
 今日、未曽有のテロが行われ、この国は混沌に陥るだろう。

――カラスは死者の出るところに集まってくる。素晴らしい兆しだわ。

 AM5:00

「最後の確認です」
 伊能が須賀の4人の部下を含めた全員の前で話し始めた。

「須賀さんの部下、待機組を除いた880名。これを2名ずつ440組のチームに分けました。このうち400組は先ほど説明した通りの場所に待機してもらいます。現場到着は8時30分」

 伊能が指したホワイトボードには、永田町20組、霞が関20組、丸の内20組など地域別の動員数。国会議事堂、首相官邸、検察庁、法務省など建物別の動員数など細かく記してあった。

「武器の携帯については最後まで悩みましたが、敵2名に対してこちらも2名で当たることを考えれば、やむをえないという結論に達しました。ただし目的はテロリストを捕えることではありません。所詮彼らはこのテロだけに雇われた者にすぎません。目的はGBという生物兵器の回収です。回収方法については――」
 伊能は再びホワイトボードを指した。

「缶の上部にある赤いスイッチ。これが押し込まれている状態がONの状態です。これをつまんで引上げる。それでOFFになります。目覚まし時計と同じ、単純な構造です。ただし念のため各チームで用意した大型の密閉型ポットに必ずしまってください」
 伊能は言葉を切って、皆の顔を見渡した。

 どの顔も決意に満ちていた。
 万全ですら凛々しく思えたほどだ。

「行動時間は10時20分まで。10時20分になったら速やかに退避行動を取ってください。基本的には地下鉄で、地上は危険が大きくなります。俺と伊能さんは別々に行動したほうがいいと最初は思いましたが、俺たちが繋がることでの能力の増幅を考えて、一緒にいることにしました。俺たちがいる、いわば作戦本部は日比谷公園に置きます。残る40組80人の方には、別動隊としてそれぞれオートバイで各所に待機してもらいます」

 ふと窓から外に目をやって伊能は「あっ」と声を上げた。
 皆が一斉にその方を見た。

「凄い……」
 全員が一斉に同じ呟きをもらした。

 タケトは窓際に駆け寄って声もなく見つめている。

 外は明るみ始めていた。
 遠く千代田区のある方向の空に、無数の黒い点が固まって、そこだけ真黒な雲がかかっているように見えた。

 伊能は力強く言葉を続けた。
「特にカラスに注意するように! カラスが騒いでいたら、すぐにその場所へ行ってください。最後に隊長から一言お願いします」

 須賀が少し照れくさそうに立ち上がった。
「えー、おほん」と咳ばらいをしたとたん止まらなくなった。

「えーほ! えほげほげほほほへええへへへ!」
 ひとしきり咳きこんでから、急に真顔になって言った。

「本来は希君から何か言ってもらうべきなんじゃが、その時に備えて希君には力を溜めてもらっておる。わしからは一言だけ!」

 須賀は80歳を超えた老人とは思えない気迫を籠めて全員を見回した。
「正義の力じゃ!」

 須賀はひとり感極まった顔になった。

「討ちてしやまん! 鬼畜米英じゃ! 断じて事を行えば、鬼神もこれを避けるじゃ! 欲しがりません、勝つまでは! 一人一殺! 毒を食らわば皿までも!」

 伊能が慌てて須賀を止めた。
「とにかく……まあそんなことだ! 皆、いっちょう、やったろうじゃないか!」

 おお!というウォークライが響き渡った。
 時刻は6時に近付いていた。

|

« 68 前夜 | トップページ | 70 出撃 »

コメント

いよいよ、発進ですね。

セイギのチカラ
異能力戦隊?サラマンダー
頑張れ。

投稿: ドスコイ | 2008年6月26日 (木) 20時00分

「俺と伊能さんは別々に行動したほうがいいと最初は思いましたが・・・」
このセリフの俺とは誰でしょうか?

投稿: | 2010年11月12日 (金) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 68 前夜 | トップページ | 70 出撃 »