« 71 異能戦隊サラマンダー | トップページ | 73 そして死が、宙に舞った »

72 ラストワン

 AM10:17

 退避行動まであと3分。

 伊能たちを逮捕しにきた警官隊と、少しでも時間稼ぎをするために抵抗する、ヤクザたちとの争いはすでに乱闘状態になっていた。

 囲みを突破して何人かの警官が伊能たちの近くまで来た。
 しかし際どいところで、須賀の部下たちの捨身の抵抗に食い止められていた。

 ついに発見数が19個に達していた。
 あと1個である。ただし、その1個が数万人を殺す能力を秘めている。

 能力を限界以上に使っている伊能の顔は、僅かな時間で一気に年老いたように見える程やつれていた。

 その表情や口調に、焦りの色がはっきりしてきた。
「土岐さん、あと3分で退避時間です。皆を連れて急いで避難してください」

 土岐はポーカーフェイスを意地でも崩さない。
 しかし、咥えたタバコは逆で、唇から力無くぶら下っている。

 土岐は疑わしげな眼で伊能を見た。
「お前も一緒だろ?」

「いや、俺はもうちょっとだけ探します。皆は危険ですから地下に避難してください」

「悪いが、俺も同じことを考えていたんだ。ここまできて後に引いたら、一生ギャンブルで目が出ない気がする」

 須賀が伊納と土岐の方へ急ぎ足でやってきた。
 目の輝きが違う。おそらく希君のほうだと、伊能は思った。

 早口で、ちょっと舌足らずな話し方はやはり希だった。
「最後の1個ですが、もしかすると、YUKIが持っているんじゃないかな? YUKIなら誰にも見られずに設置できるし」

 伊能はしまったという顔になった。
「そうか! YUKIは二宮の能力も使えるのか!」

 土岐が腕組みして、溜息混じりに言った。
「YUKIと二宮は同一人物なんだろ? しかし、俺には二宮が悪人だとはどうしても思えない。というより匂わないんだ……」

「希君、二宮の人格に呼びかけることはできないかな。俺たちに呼びかけるように……おそらく今はYUKIだろうが、心の奥では二宮が眠っているはずだ」

「できるかどうか……でも試してみます」


 その頃YUKIは警察機構の中心部にいた。

 通称桜田門と呼ばれる、霞が関2丁目にある警視庁本庁舎ビルだ。
 二宮の「見られない」能力を最大限に生かし、誰にもとがめだてされずに屋上まで登ることができた。

 YUKIは三上の家から、生物兵器用の防護服を一着持ち出していた。散布が始まったら着込むつもりだ。

 少なくとも、今日一日は警視庁の屋上という最高のロケーションで、この空前のテロがもたらす死や破壊を見物しながら、パニックに陥った人間たちの惨めなショーを楽しむつもりなのだ。

 ドラッグでもこれほどハイな気分になったことはない。
 YUKIは上機嫌で、これから死の街に変わるはずの眼下の風景を楽しんでいた。

 YUKIは気付かなかったが、YUKIが意識の底に閉じ込めて、もう二度と目を覚まさないはずの二宮が、このときにふと眼を覚ました。

 どこからか聞こえてきた、二宮を呼ぶ幼い子供の声に起こされたのだ。

「希君?」
 希のメッセージを受け取った二宮は、ひどく恥ずかしかった。
「僕は何をやってるんだろう? 皆が必死で戦っているのに、僕だけが逃げていた……」

 二宮は意識の外に出ようとしたが、表に出ているYUKIには隙がなくて難しかった。

 二宮がもう決して表には出ないと決め、YUKIに全てを譲ったのは、須賀や伊能たち、サラマンダーの仲間を自分が裏切ってしまったことをYUKIから知らされたからだ。
 さらにYUKIは殺人まで犯しているという。

 いくら知らなかったとはいえ、自分が殺人者で、さらに仲間を裏切っていたとは……。

 二宮にとって、伊能たちは初めての仲間と呼べる相手だった。
 その伊能たちが、自分の助けを必要としている。いまどこにいるのかを教えるだけでいいのだ。

 なんとかしたかった。時間もないらしい。

 暗く冷たいYUKIの意識の奥で、二宮は祈るような気持ちでチャンスを窺った。

|

« 71 異能戦隊サラマンダー | トップページ | 73 そして死が、宙に舞った »

コメント

なるほど、と唸りました。
最後の一個はYUKIだったか。
しかも、二宮の能力を使って、
警視庁本庁舎ビルに進入する。

警視庁本庁舎ビルのお偉いさんは、
テロにあっても、、、。

投稿: ドスコイ | 2008年7月 3日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 71 異能戦隊サラマンダー | トップページ | 73 そして死が、宙に舞った »