« 75 国家の誠意 | トップページ | 目次 »

76 ハローグッドバイ

 帝都大学病院の一室では、ベッドに座る希に母親が林檎を剥いて食べさせていた。

 母親には一つ気になっていることがあった。

 時折外の景色を見ている希の表情だ。
 何かを待っているような、そんな表情に見えた。

 長い昏睡のせいか、以前に比べてあまり笑わなくなったのも心配だった。

 林檎を頬張っていた希が、突然ベッドからぴょんと飛び下りて窓際に駈けて行った。

 そして何かを見てケラケラ笑っている。
 嬉しくて、楽しくて堪らないといった笑い方だ。

 母親も窓際に来て、希が何を見ているのか確かめた。

 窓の下にいたのは、柄の悪い老人、ヤクザ風の中年男、セールスマン風のちょっといい男、頼りなさげな今風の若い男、キューピー人形のような髪形の、見るからに変質者っぽい小男。

 その5人が何やらポーズを取っている。
 戦隊物のポーズの真似でもしているのだろうか。

 見るからに危なそうな連中なので、窓を閉めようかとも思ったが、あまりに希が嬉しそうなので我慢した。

 希はその怪しい連中に、小さく手を振って答えていた。
 でもとにかく、希のこんな笑顔が見られただけでも大満足だった。


 病院の帰り道、須賀が話し始めた。
「わしはヤクザを引退します。希君が残してくれたセイギのココロがあるのにヤクザはできません。老人福祉関係の仕事をやるつもりです」
 しっかりした口調だった。

 伊能はふと疑問に思った。確か須賀はボケ始めていたはず。

「何かを得ることは、何かを失うことです。わしは希君を失ったが、希君はわしに明晰な頭脳を残してくれた」

「そういえば俺も味覚が戻ったよ。留置場の弁当がやたらと美味かった」
 土岐の言葉に、万全が不満そうな顔になった。

 万全は激しい発毛、脱毛のサイクルが終了したとき、最初と全く違う髪形になっていた。

 頭頂部が河童のように禿げていたのが、今はその部分にだけ毛が生えている。頭の周りを縁取っていた毛髪はきれいに無くなっていた。モヒカンというよりキューピー人形のようだった。

「僕は何を得て、何を失ったんでしょうか?」

 万全の問いに、伊能は思わず噴き出した。
「お前は簡単だよ。頭のてっぺんの毛を得て、周りの毛を失ったんだ」

 万全は不満そうに鼻を鳴らした。

 土岐が伊能の顔をまじまじと見つめた。
「何ですか? 土岐さん、人の顔をジロジロ見て」

「お前笑ってるよ。ちゃんといい顔で笑ってるよ。お前が得たのはそれだな」

「ぼ、僕は?」
 心配そうなタケトの肩を伊能は叩いた。

「お前はあんな凄い友達ができたじゃないか。カラスの王様!」
 タケトは納得したのか嬉しそうにほほ笑んだ。

 伊能は大きく背伸びをした。

 病院の並木道の空気が美味しかったし、何よりも希が元気なのを見ることができたことが嬉しかった。
 しかも伊能たちのことを覚えているらしい。

「さーて、俺は久しぶりに我が家に帰ろうかな。といっても誰も待っていない寂しい家だけどな」

 万全が急に捨てられた子犬のような目になった。
 おそらく実家には帰りづらいのだろう。

「万全、良かったら俺の家に来るか? どうせ誰もいないし、掃除、洗濯をやってくれれば家賃はいらないぞ」

 万全の目が輝いた。
「本当ですか? ぜひお願いします! 僕、掃除、洗濯だけじゃなくてお料理だって得意です。嬉しいなあ、伊能さんの奥さんになれるなんて夢見たいだ……」

「冗談でもそういうことを口にしたら、即座に放り出すぞ」

「嫌だなあ。ジョーダンですよ、じょうだん」

 大学正門のところで、伊能と万全は同じタクシーに乗り込んだ。

 須賀、土岐、タケトの3人は須賀の部下の運転する車に乗り込む。

 別れの時、土岐は無表情で「じゃあな」と言っただけだった。
 伊能は「いつかまた」と言った。
 万全は「月に一回サラマンダーの定例会を開きましょう」と提案したが、皆に無視された。
 タケトは寂しそうに「また会えますよね」と呟いた。
 須賀は「今度会う時までに、わしはホームレス2級を取得しておきます」と言って、部下から「親っさん、ホームヘルパー2級です」と間違いを指摘されていた。


 タクシーが伊能のマンションに着いたとき、夕暮れ時にさしかかっていた。

 ふとマンションを見上げた伊能の顔が、訝しげになった。
 自分の部屋に電気が煌々と灯っているのだ。

 部屋の前にきてドアノブを回すと、カギはかかっておらず開いた。
 何か美味しそうな匂いが漂ってくる。

「パパだーおかえりなさーい!」
 跳ねるように由美が駆けてきて、伊能の腰に抱きついた。

 真澄がエプロン姿で出てくる。
 伊能は驚き、戸惑っていた。

「お帰りなさい」
 そう言う真澄の眼は悪戯っぽく伊能を見つめている。

「ま、真澄、どうして?」

「だから、貴方は私の考えていることだけは分らないって言ったでしょ」
 真澄は優しく伊能を見つめている。

 伊能は思わず真澄を抱きしめていた。

 ふと、玄関に万全がアホみたいに突っ立っていることに気がついた。

 伊能は万全に目配せして、顎をしゃくり「帰れ」と有無を言わせぬ調子で言った。

 おろおろとしながらも、伊能の強い調子に万全は部屋の外に追い出された。そのうえ、ご丁寧に鍵まで掛ける音がした。

 おそらくまだ玄関で抱き合っているのだろうと思うと、彼女いない歴25年の万全はふつふつと怒りが湧いてきた。

 万全は閉じられたドアに向かって立った。

 うぞぞぞぞぞぞぞとキューピー頭の毛が蠢きだす。
 くおおおおおおおおと食いしばった歯の間から空気が漏れる。

 前に突き出した両腕が、微妙な動きを見せる。

 ドアの内側では、しっかりと真澄を抱きしめる伊能がいた。
 突然、真澄がはっと体を硬くする。

 ブラジャーが外れ、急に自由になった豊満な胸がぶるんと弾んだ。

 頬を赤らめて伊能を恥ずかしそうに睨む。
「まだ早いでしょ。エッチね」と囁いた。

 伊能たちの横では、由美が「まだ早いでしょ、エッチねえ」と言いながら、ぴょんぴょんと嬉しそうに飛び跳ねていた。

|

« 75 国家の誠意 | トップページ | 目次 »

コメント

感動的なエンディングです。
不覚にも涙をこぼしてしまいました。
上村先生の小説は、読後感が
最高ですね。

投稿: ドスコイ | 2008年7月15日 (火) 11時05分

初めて感想を書かせていただきます・・。

最初っから最後まで、
すごく気持ちのいいスピード感で読ませていただきました。

キャラクターに愛着が湧いてきただけにおしまいは寂しいですが。。

おつかれさまでした!また次作も期待しています。

投稿: ぺっこま | 2008年7月16日 (水) 13時00分

初めて書かせてもらいます。毎回更新されるのを楽しみにしてました。望君がみんなの事を覚えていてうれしかったです。伊能さんよかったですね。万全さん… 頑張れ!

投稿: いーすと | 2008年7月16日 (水) 19時22分


終わってしまいましたねー

ああ…良かったなぁ、伊能さん。

希くんも。

万全は……
大丈夫!彼は強いから(笑)

最後まで楽しまさせて貰いました。
ありがとうございます。

投稿: リコノコ | 2008年7月20日 (日) 14時53分

守護天使読ませていただきました。
本当に面白かったです。この際との小説はマダ呼んでないので楽しんで読ませていただきます。
村岡の人間性は、好きです。80万の報酬のうち、自分の分け前を黙って受け取るあたり好きですね。
続編をかかれることがあるのなら、楽しみです。

投稿: 駄文使い | 2009年1月13日 (火) 17時45分

i dont about you.
first time is hirogon.
sorry is time over hakueki byousha.
dont stop.

http://blogs.yahoo.co.jp/hiitan_75/

my name is hirogon.
what your name.
@.

dehadeha.

投稿: ひろごん | 2010年3月10日 (水) 11時30分

御無沙汰しております。ご活躍をみつけ感激しています。

投稿: hideyuki nojiri | 2011年3月13日 (日) 06時58分

面白いですlovely

投稿: みるく | 2012年1月31日 (火) 19時09分

本当におもしろくて、上村先生の作品がダイスキです!
先日セイギのチカラ~Psychic Guardian~も購入して何度も読み返してますが最高です!

投稿: きなこ | 2012年4月15日 (日) 00時21分

文庫版で読んだんですが荒唐無稽で面白かったです!
ただ、伊吹さんなんでそうなったし・・・。

投稿: | 2012年8月 1日 (水) 17時56分

文庫で昨日読み終わりました!!おもしろかったです~まわりにすすめています!!

投稿: オスカー | 2012年9月11日 (火) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 75 国家の誠意 | トップページ | 目次 »